Notes


2007.03.23.Fri

»INTERNET Watch - 今後のYouTubeとの協議方針をJASRAC渡辺氏に聞く という記事より、

フィンガープリントでは、まずコンテンツの音源の波形を採取します。この波形をYouTube上のコンテンツと照らし合わせることで、違法投稿かどうかを確認するわけです。動画にも音声が付いているので、YouTube上の動画にも応用は可能だと思います。YouTubeは、フィンガープリントを利用するにはコンテンツホルダー側の協力が必要と話していました。この点については、YouTube側がフィンガープリントのデータベースを持つ会社を利用することも可能だと思います。こうした仕組みが整えば、アップロードされた時点で自動的に違法コンテンツをチェックすることが可能になるでしょう。
そんな技術があるんですね。で、
ただし、フィンガープリントを提出するには、「まずはYouTube側が違法アップロードの現状を解消することが前提」というのが著作権を持つ側の考えです。
っていうのは、どういう意味なんだろう。"現状を解消する"ための策を提示されたんじゃないんですかね。

まあ、こういう話(『MarkeZine:宇多田ヒカル、ニューシングルのフルPV映像をブログパーツとして大公開』)もあるから(これはこれ自体が広告でもあるから、ちょっと違うのかな)、コンテンツホルダーが動画共有サイト向けにネタを用意して…、という時が近いうちに来るのでしょう。一部では来てますしね(ITmedia News:YouTubeにBBCチャンネル登場)。

以下、すごくいい加減なことを書きますが、
 "とくに契約がなくても、使われたら自動的に検知されて勝手に権利者にお金が入る"
ような仕組みが開発されたら、"違法コンテンツ"もなくなるんですかね。

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.03.18.Sun

今年は4日に1回は、ここに何かしら書こうと思っていましたが、すっかりさぼってます…

来週(25日からの週)の前半に、1曲アップします。これまで通りな感じの曲となっております。あまり似たような曲ばかりでもいけないので(だからということでもないですが)、その次から3曲くらいは、また違う感じのものを作る予定です(いま脳内作業中です)。しかしペース上げて行かないといけませんね。月1曲でも、年に12曲しかできないわけですしね。ライブもやりたいし。という感じです。

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.03.14.Wed

» 手持ちCD全部リップ化計画 - 栗原潔のテクノロジー時評Ver2
という記事に触発され、自分もハードディスクを1つ、音楽ファイルで埋めてみることにしました。80GBのディスク(USB 2.0で外付け)に『Apple Lossless』フォーマットでつぎつぎと入れてます。今(2007/3/14)現在、37GBちょっとでアルバム約130枚(120時間くらい)入っているので、今、家にあるものは全部入るかもしれません。

CDってけっこう場所とりなので、リップしたやつは実家に持って帰ろうかと思ってたんですが、全部なくなるとそれはそれで寂しいかも知れないですね(全部は持ってかないとおもいますが)。

で、iTunesでエンコード・管理・再生と全部やっているんですが、実に使い良いです、iTunes。いままでは、その機能の半分も使ってませんでした;
とくにスマートプレイリストとパーティシャッフルがおもしろいです。まったくのランダムでプレイリストをつくることができるのだけど、ときどき意外な良い流れがでてきたりします。(リンク先でも言われてますが)買っておいて全然聴いてなかったものや、そんなに好きではなかった曲もでてきて再発見みたいな感じで、それもまた良いです。

これは、おすすめ。ああ、もうみんなやってるって?(笑)

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.02.28.Wed

2,3日前ですが、『自分の好きな演奏を、研究のためにコピーする』というのを、けっこうひさしぶりにしました。あ、打ち込みじゃないです。弾きます。

で、まあ何が言いたいのかというと、やっぱりコピーは、いろいろと自分に無い感覚を見つけられるので、いいですね、と。弾けると楽しいですしね。なので、時々やろう。

今回は、細かいところで『どうなってんの?これ』と、気になっていた、

  • 『ふたつのてのひら/ACO』の、エンディングのギター・ソロ(3'57"-)
『Lady Soul』っていうアルバムの最後の曲ですね。夜通し起きて明け方に聴くと、心地良いです。
演奏は、"Romero Lubambo"さんという方。ギターの上手そうな名前ですね。エラくカッコ良いです。

それで、"気になっていた"のは、(3'57")あたりから数えて21小節目の、2拍目のリズム。なんとなく聴いているだけでは、よく解らなかったんですが、"1拍3連をちょっと後ろにずらしてる"んですかねぇ。少し解った気がする。(おおまかな&こまかな)ダイナミクスも具合がいいでス。

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.02.22.Thu

見ての通り、右側にオマケを設置しました。"IE Mobile"等、CSS中の"handheld"指定されたスタイルを読みに行く(あるいは、そういうモードに設定している)ブラウザでは、表示しません。内容がだいたい日本語なので、英語ページには表示しません。


左側のリンクメニューもなんですが、ほんとは、表示・非表示を切り替えられるようにしたいんですよね。


tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.02.07.Wed

»ITmedia News:「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言

 CDに収録された楽曲はDRMで保護されていないため、オンラインで販売する楽曲にDRMをかけても違法コピー防止の役には立たないと同氏は指摘、DRMの義務づけをやめれば、オンライン音楽サービスの新規参入が増えて音楽業界のメリットになるとしている。

本気の人は解除しちゃうだろうし、解除できなくてもアナログ録音で回避できますもんね。正規ユーザーが面倒な思いをするだけなので、廃止に1票。

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.02.05.Mon

こういう話を読みました。

このサイトでは、基本的に他のサイトへのリンクは、新しいウィンドウで開くようにしているんですが、これってあまりよろしくないんですかね。デフォルトである"同じウィンドウで開く"の場合は、ユーザーの操作で新しいウィンドウで開くことができますが、HTMLで"新規ウィンドウで開く"ように指定した場合、これを同じウィンドウ(またはタブ)で開くことはできないんですよね。

あまり関係ない話ですが、自分はMacではこのソフトを使って、右ボタンに"ウィンドウを閉じる(Cmd + W)"を割り当てていて、個人的にはかなり使いやすいと思っています(そんな設定の人はいませんかね、因にホイール・クリックにはコンテクスト・メニュー)。これはカーソル位置に関係なく、フォーカスのあたっているウィンドウを閉じられます。そうするとウェブでもFinderでも、やたら新規ウィンドウで開きたくなります。けっこう便利なんですよ。各種インデックスは残しておいて、個別記事は新規で開くのが。

なんか関係ない話のほうが、長いですね;

全てのリンクは、同じウィンドウで開くように書いた方が、自由があっていいんでしょうかね。

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]
2007.02.01.Thu
インディーズ音楽系サイトの『muzie』に、ここにあるのと同じものを、数曲アップさせてもらってます。(けっこう前に登録したけど、ぜんぜん使ってなかったので、リンクしてなかったですが…)

で、そちらの方ですごくイイ感じのリスナー・レビューを書いてもらえました。うれしいです。(wicoさん、文月さん、ありがとうございます。

tags:

[ comments($rescount$) | last: $lastname$ ]


< 0 1 2 3 4 5 6 7 8 >  :: latest entry
powered by rayboard
home | top | profile | music | notes | sitemap | Japanese
Home[H]